眼鏡を提供できるスペシャリスト

視力測定、使用目的にあったレンズ選定、フレーム選び、フイッティング調整 レンズレイアウトなど専門的で複雑な技術が必要となります。しかし、一般の方々がその技術レベルを判断することは容易ではありません。そこでメガネ販売にたずさわる人の知識や技術を審査認定し一般の方々にわかりやすくしたのが「認定眼鏡士制度」です。

2022年4月より認定眼鏡士は「眼鏡製作職種」の技能士となります。

厚生労働省より技能検定「眼鏡作製職種」については こちらから

日本眼鏡技術者協会「眼鏡作製職種」については こちらからトピックスへ